カテゴリー
体験

20で知った男のサガ もう男の絶対は信じらません

浮気調査の体験談。

この話は私が大学2回生の頃に働いていたスナックのママに頼まれて、興味本位からのアルバイトで行ったお話です。

依頼人はスナックのママ、ターゲットはオーナーでもある旦那様、依頼料は成功報酬も含めて、無実であっても10万円との事で、1日1万円の7日間夜だけの調査でした。

ママはとても綺麗でお客さんにも大人気、本当に惚れ込んでプロポーズを受ける事も1年に数回ありの美女。

一方のオーナーはお金は持っていて、有名国立大学卒との噂は聞いてはいましたが、言い方は悪いですが、冴えないおじさんでした。

オーナーに猛烈アタックされて結婚したとの話は有名で、依頼当初私は、ママの気にしずぎだとしか思わなかったので、
オーナーに対しても無実を証明してあげようといった寧ろ正義感しか持ち合わせていませんでした。

が、その正義感は初日から覆されました。

1日目いかがわしいソープランドに行く。

まあ、でもこれは浮気なのだろうか、、、という苦しい印象で自分を納得させました。

2日目3人の恐らく仕事関係のおじ様達と超高級で有名なクラブに行く。

閉店後、綺麗なお姉様方を連れてアフターにいく。

まあ、仕事だしね、嬢も。

でもちょっと雰囲気が、、、
3日目 ママがお店に出ている時に愛車のカイエンに乗って昨日の美女とデート。

5つ星ホテルへ。

ママのお店が閉まるちょっと前に嬢を下ろして自宅へ帰還。

、、、もう自分を偽れない。

真っ黒やないかい!その2日と開けず美女のお店に行ったり、夜の街に消えて行きました。

1番辛かったのはママに真実を伝える時。

ママは気丈に涙は見せませんでしたが、ウルウルしている泣きそうな目を私は一生忘れられそうにありません。

、また、浮気性0%を信じて疑わなかったオーナーの悪行を目の当たりにしてからというもの、男性には絶対大丈夫って絶対ないと悟りました。

臨時ボーナスは手に入れましたが、もう、浮気調査は本当に懲り懲りです。

現在結婚していますが、旦那が疑わしくても、隠しているのであれば、私は調査依頼はしないと心に強く思っています。

知らないでいい幸せってあるとおもいますから。